top of page
  • ishiitakayo6

ウクライナ避難民へのボランティア  @ドイツ

ロシア・ウクライナ戦争が始まった2022年2月以降、ドイツにもたくさんの方がウクライナから避難してきました。

2022年5月頃から、その方達にボランティアで施術をさせてもらえることはできないか、ビラを作って施設に出向いたり、多方面に声がけをしていました。


無料での施術といえども、不安の中逃げてきた人々にとっては、疑心暗鬼になるのも当然で、なかなか施術をさせてもらえる機会がありませんでしたが、ウクライナの方に直接ビラを配って身振り手振りで説明してお誘いするうちに、2022年7月から毎週水曜日をボランティアの日とさせてもらい、ウクライナから来た方々へ30分の施術ベッドでも無料施術を開始できました。


最初は4、5名からのスタートでしたが、すぐに毎週20名ほどの方が来てくださるようになり、一番多い日で33名の方が来てくださいました。

元々はお元気に過ごしていた方達でしたが、急激な強いショックと、慣れない異国での生活、不安な毎日で頭首肩背中がガッチガチになっており、眠れない、食べれないなど苦しい毎日を過ごされていました。


たった30分の施術ですが、もともとお元気だった方達には十分な効果で、ストレスリセット効果が凄まじく、施術の後に、スイッチを切り替えたかの如く、睡眠も食欲もいつもの状態に戻られる方、気持ちが落ち着かれて日常が送りやすくなった方、笑顔が戻られた方、多動があった子供が穏やかになったり、たくさんの方に喜んでいただいています。

戦争のストレスが、心身にどのように影響を与えるのかを目の当たりにし、またそれをすぐにリセットすることができるSBT施術の素晴らしさを、改めて実感させてもらった機会となりました。


ウクライナの方々が施術の後に、自主的にお礼の小銭を入れていってくれたドイツ国際平和村への募金箱には2023年9月までの間に455ユーロ(日本円で約7万円)が貯まりました。(一部、ウクライナボランティア活動に賛同してくださるドイツ人の患者さんも募金してくださいました)

10年以上細々とボランティア施術をさせていただいていたドイツ国際平和村には、コロナ以降行けていませんでしたが、ウクライナのみなさんからの温かいお気持ちも加わって、このような形で応援をすることができて嬉しく思っています。

引き続き、戦争がない平和な日々が来る日を願いつつボランティア活動も頑張りたいと思います。







閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page